Macのタッチバーは便利なのか検証・カスタマイズ出来る事とは?

今のMacBookには従来合ったファンクションキーの代わりに、タッチバーが付いているモデルがあります。

タッチバーは細長いタッチパネルのようなもので、従来のファンクションキーの代わり・対応ソフトによるキーショートカット表示が主な売りです。

さて、実際にタッチバーがあると便利になるのでしょうか。実際に試してみました。

MacBook Proに搭載されたタッチバーとは?

タッチバーは2016年以降のMacBook Proから搭載されたモデルが登場しました。

これまで当然のようにあったファンクションキー(F1〜F12キーの事)が無くなって戸惑ってしまう方もいるかと思いますが、タッチバー非搭載モデルもありますのでご安心下さい。

MEMO
タッチバー搭載モデル・非搭載モデルの価格差は約3万円です。他にも細かい仕様の差はあります)

Touch Barは2170 x 60ドットの解像度を持ったタッチパネルです。

見た目は先進的で、タッチバーは同じくアップルが発売しているApple Watchと同じOSで動作しています。

MacBook_タッチバー

ここで、Touch Barで出来る事を改めて確認します。

Touch Barで出来る事
  • Touch ID(指紋認証)
  • キーショートカット表示

Touch ID(指紋認証)が使えることによるメリットは、スリープ解除時・App Storeでのアプリ購入時に、パスワードの入力が省略出来ることです。

タッチバーのカスタマイズ自由度は低い

私が考えていたTouch Barの使い道は、頻繁に使用するショートカットキーをTouch Barに登録して呼び出せるホットキー的な使い方が出来ると思っていました。

つまりは自分で好き勝手にキーの登録が出来ると思っていました。

ですが実際のところはそうではありません。使用するソフトがTouch Barに対応していないとショートカットキーを設定することさえ出来ません。

OSで用意されているカスタマイズキーも、これまで通常のファンクションキーで出来ていた事と変わりありません。

MacBook Pro_カスタマイズ一覧

タッチバー・カスタマイズキー一覧
  1. デフォルトセット(画面・音量スライダ・消音・Siri)
  2. 感度スライダ
  3. Mission Control
  4. Spotlight
  5. 再生/一時停止
  6. 音量スライダ
  7. 消音
  8. Siri
  9. 通知センター
  10. おやすみモード
  11. スクリーンショット
  12. 音声入力
  13. 入力ソース
  14. Dashboard
  15. Launchpad
  16. デスクトップを表示
  17. スクリーンセーバ
  18. 画面をロック
  19. スリープ

タッチバーのカスタマイズ方法

タッチバーのカスタマイズは、“アップルメニュー”→”システム環境設定”→”キーボード”→”コントロールストリップをカスタマイズ”から行うことが出来ます。

例えばタッチバーにはデフォルトで”メディア”が配置されていますが、これを別の機能に変えてみます。

タッチバー_メディア_削除

注意
タッチバーのディスプレイ範囲を超えてのキー配置を行う事が出来ません。

“メディア”を消し、”スクリーンショット”を追加しました。

タッチバー_スクリーンショット_追加

“”スクリーンショット”をタッチすると、これまで”command + shift + 4″等を押して撮っていたスクリーンキャプチャが楽に出来るようになりました。

タッチバー_スクリーンショット_操作

タッチバーがあるとYouTubeの広告がスキップ出来る

YouTubeの動画に入る広告って結構邪魔に感じることはありませんか?通常、広告はスキップすることが出来ず最低でも5秒間見なければいけませんよね。

YouTube_広告

ところがタッチバーがあると広告をスキップすることが出来るんです!どうしてかと言うと、YouTubeを再生するとタッチバーにシークバーが表示されます。

タッチバー_シークバー

MEMO
シークバーとは動画の再生位置を示す為のものです。

このシークバーを操作するとYouTube動画の再生位置を変えることが出来るのですが、これが広告の最中も有効なんです!

つまり、広告が表示された瞬間にシークバーを操作すれば広告のスキップが出来ます。YouTubeを見る機会が多い人には便利ですね!

Macのタッチバーについてまとめ

タッチバーありのMacBook Proがおすすめの人
  1. Macをこれまで使った事がない人
  2. パスワード入力を省略したい人
  3. 基本性能が少しでも良いものが欲しい人
  4. YouTubeを見る機会が多い人
タッチバー無しのMacBook Proがおすすめの人
  • Macに使い慣れている人
  • MacBook Proを少しでも安く購入したい人
  • 従来の物理ファンクションキーが欲しい人
  • 多少の便利さはありますが、感想を一言で言い表すと「あっても無くても困らない」と言うのが本音です。

    タッチバーはキーボード側にあるので、使用する時は視線を下に落とさないと使えません。その為、タッチバーを使用する度に作業が止まってしまい、流れが悪くなるような印象を受けました。

    タッチバー有り無しで約3万円の差がありますので、本当に必要かどうか見極めてMacBook Proをご購入ください。

    もしパスワード入力不要という点でタッチバーが気になるようでしたら、私としてはタッチバー無しのMacBook ProとApple Watchの組み合わせをおすすめします。

    Apple Watchについては「 Apple Watch series 3とseries 2を比較!性能・機能で進化した点をまとめてみた 」という記事に書いているので、よろしければお読みください。

    2 Comments

    Sumi

    読ませて頂きました!
    購入検討中なので色々と参考になります。
    タッチバーにDockを表示する「TouchSwitcher」というアプリが出たみたいですよ!

    返信する
    Macherie

    > Sumiさん
    コメントありがとうございます。
    「TouchSwitcher」というアプリは知らなかったので早速試してみたいと思います!

    返信する

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です