【アズールレーン】複数端末でデータを共有する方法!OSが違っても大丈夫

アズ―ルレーン(アズレン)では、データの引き継ぎがゲーム内に用意されています。データの引き継ぎとはどのようなものなのでしょうか。某アプリゲーのように、端末を変える度にデータの引き継きをするとなったら面倒ですよね。アズレンの場合はどうなのか確認してみたいと思います。

ゲーム内で引き継ぎコードを発行する

アズールレーン引き継ぎコード画面

アズールレーンでは、引継ぎコードを使ってアカウントの引継ぎを行う事が出来ます。引継ぎコードは「設定」→「引継ぎ」→「パスワードを発行」から行います。

発行した引き継ぎコードは、スクリーンショットしておきましょう!忘れてしまうと大変ですからね。また引き継ぎ処理が終わるまではプレイ出来なくなるなんて事はないので、安心して下さい。万が一忘れたとしても、もう1度同じ手順を踏めば再度確認する事が出来ます。

引き継ぎをしたい端末で設定を行う

次に、引継ぎをしたいタブレットまたはスマホでアズールレーンを起動し、タイトル画面左下にある引継ぎを押します。

アズールレーン引き継ぎコード入力

先程発行した、IDとパスワードを入力します。入力し終わったら決定ボタンを押せば引継ぎは完了です。

データ引き継ぎ後、アズレンのセーブデータが消えてしまった?

アズレンではタイトル画面でプレイするサーバーを選択する事が出来ますが、データを引き継いでもそれまでプレイしていたサーバーではなくデフォルトのサーバーが選択されています。

そして初回起動ではサーバー変更が行えないので、強制的にチュートリアルが始まってしまいます。

いきなりチュートリアルが始まるので、また最初から?って焦っちゃいますよね。ここは落ち着いて1度アプリを再起動して下さい。再度タイトル画面でそれまで遊んでいたサーバーを指定してあげれば、ちゃんとデータが引き継がれている事が確認出来るはずです。

MEMO
アズレンは、サーバーごとにセーブデータを管理しています。サーバーの数だけ複数アカウントが持つ事も可能ですが異なるサーバーとのアカウントの交流は現時点で出来ないのでメリットは薄いです。

アズレンは複数端末でのセーブデータ共有が可能

筆者はこれまでiPhoneでプレイしていましたが、引継ぎ先をiPadとしました。データ引継ぎを終えたiPadで起動してみると、当然の事ながらiPad側で問題なくこれまでのデータを引き継いだ画面が表示されました。

アズールレーン データ引き継ぎ後に再度ログイン

iPhone側の画面には「別の場所でログインされました」と表示され、強制的にログアウトされました。そして再度iPhone側でログインしてみると、今度はiPad側の画面に先ほどと同じ強制ログアウトの表示がされ、iPhone側でログインする事が出来ました!

つまり、アズレンではデータの引き継ぎではなく、データの共有が出来るようになります。

せっかくなので、家にあった他の端末6台にデータを共有しましたが、特に制限は掛からずどの端末からも遊ぶ事が出来ました。データの引継ぎ可能台数に制限は無く何台でも可能です。

アズレンはスマホやタブレットだけではなく、PCで遊ぶ事も出来ます。詳しい方法は「MacでのNox Playerの使い方!PCでアズレンを快適に遊ぶ方法!」という記事に書いているので、よろしければお読みください。

アズレンのデータ共有のまとめ

いかがでしたか?データ引き継ぎをする事でどの端末でもプレイする事が出来、とても快適にプレイする事が出来ます。

一方で1度引き継ぎ処理を行った端末では、アプリを消さない限りはログインする事が出来てしまいますのでお気を付けください!

関連記事>>>【アズールレーン】赤城・加賀のドロップ率を420回周回して検証!入手の目安は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です